アトピーの頭皮は抜け毛が増える?

この記事は4分で読めます

women_models_brunettes_babes_face_eyes_pov_1950x1300

頭皮の湿疹の中でも、アトピー性皮膚炎は困りものです。

 

かゆくて、かゆくて、たまらず、

かけばかくほど、頭全体に広がります。

 

なんとかならないものでしょうか?

 

 

 

アトピーになると頭皮から汁が出る?

 

 

頭皮に湿疹ができると、かゆくて、かゆくてたまりません。

 

頭皮の湿疹には、

 

①脂漏性湿疹

②脂肪欠乏性湿疹

③接触性皮膚炎

 

などがあります。

アトピー性皮膚炎も、頭皮の湿疹の1つです。

 

接触性皮膚炎など他の湿疹と似ているので、

最初はアトピー性と気づかず、湿疹が広がってしまうことがあります。

 

 

アトピー性皮膚炎の原因は、頭皮の乾燥アレルゲンです。

 

皮脂が不足すると、頭皮の角質層の保湿作用が低下して、頭皮が乾燥します。

乾燥した頭皮はバリア機能がなくなり、傷つきやすくなります。

 

そこへ、その人の持つアレルギー要素(アレルゲン)が入ってくると、

アレルギー反応を起こし、頭皮に炎症や湿疹が生じるのです。

 

 

頭皮がアトピー性皮膚炎にかかると、次のような症状が出ます。

 

1. 頭皮が乾燥して、赤くなる

2. かゆくてたまらない

3. フケが出て、抜け毛が多くなる

4. 頭皮がただれて、臭い汁が出る

 

 

1.2.3.の症状は、他の頭皮湿疹でも見られます。

 

アトピー性皮膚炎の特色は、「臭い汁が出る」ことです。

 

アトピー性皮膚炎は、最初は一部分に生じますが、

かくにつれて、頭皮全体に広がります。

 

頭皮の湿疹に効く薬はある?」の記事でも、

湿疹について取り上げてるので併せてご覧ください。

 

 

 

アトピーが頭皮に起きている時カラーリングは?

 

 

アトピー性皮膚炎はアレルギー反応により起こります。

 

アトピー症の人は、アレルギー体質なので、

いろいろな物質にアレルギー反応を起こします。

 

カラー剤に入っているジアミン色素が、アレルゲンになることがあります。

アトピー症でも、ジアミン色素に反応しない場合もあります。

 

 

しかし、アレルギー体質なので、

できれば、カラーリングはしない方がいいでしょう。

 

どうしてもカラーリングをしたいことが、ありますよね。

カラーリングをするには、2つ方法があります。

 

 

美容室でカラーリングするケース

 

事前に、美容師さんにアトピー症であることを伝え、

よく相談してください。

 

カラー剤が頭皮に直接つかないように、

髪の毛の根元5mmのあたりから塗ってもらいます。

 

 

 

自分でカラーリングするケース

 

市販のカラー剤は、美容室のものより強いようです。

ジアミン色素以外にも、アレルギー反応を起こすことがあるかもしれません。

必ずパッチテストをしてから使用してください。

 

パッチテストは、カラー剤の1液と2液を混ぜて行います。

腕の内側に、混合液を小指の爪ほど塗り、絆創膏を張ります。

48時間おいて、肌に異常がなければ大丈夫です。

 

48時間後に、ちょっとでも赤くなっていたり、

途中でかゆくなったりしたら、すぐ石鹸で洗い流してください。

 

 

ほんの少しでも赤くなっていたり、かゆかったりしたら、

絶対にカラーリングをやめてください。

 

 

無理にカラーリングすれば、

顔中真っ赤に腫れ上がり、頭皮の湿疹が悪化します。

外出もできないような状態になってしまいます。

 

 

 

アトピーも頭皮にかさぶたができる?

 

 

頭皮の湿疹は、どの場合でも、かゆいので爪でかきむしり、

傷がついてカサブタができます。

 

さらに、ひっかくとカサブタが取れ、また新しくできるという

悪循環に陥ります。

 

頭皮の湿疹に効く薬はある?」の記事でも、

かさぶたについて取り上げてるので併せてご覧ください。

 

 

アトピー性皮膚炎も、頭皮にカサブタができ、

かゆくてかくと、頭皮全体に広がります。

頭皮がゴワゴワした感じになることもあります。

 

アトピー性皮膚炎が起きている頭皮は、

ターンオーバー(毛髪の生え変わり)がうまくいきません。

 

ヘアサイクルが乱れ、毛髪が育ちきれないうちに抜けてしまいます。

抜け毛が増え、薄毛で悩むようになります。

 

 

アトピー性皮膚炎は、頭皮が乾燥していると、起こりやすくなります。

頭皮が乾燥しないようにすれば、皮膚炎も少しずつ改善します。

 

頭皮が乾燥する原因は、洗浄力の強いシャンプー剤で洗いすぎることです。

頭皮の皮脂には保湿作用があります。

 

洗浄力の強い石油系シャンプーで、毎日洗髪すると、

必要な皮脂まで洗い落として、頭皮が乾燥してしまいます。

 

 

頭皮の乾燥を防ぐためには、アミノ酸洗浄剤のシャンプーがいいですよ。

 

アミノ酸は、頭皮や毛髪の主成分であるタンパク質と同じものです。

頭皮に負担をかけず、汚れを洗い落として、必要な皮脂を残します。

 

アミノ酸洗浄剤のシャンプーなら、

CA101薬用ブラックシャンプーをお薦めします。

 

 

 

まとめ:頭皮が乾燥するとアトピー性皮膚炎が起きやすくなる

 

 

アトピー性皮膚炎が起きると、頭皮の状態が悪くなります。

ヘアサイクルが乱れ、抜け毛が増えます。

頭皮の乾燥を防ぐことが、改善の第一歩です。

 

シャンプーをアミノ酸洗浄剤のシャンプーに変え、

頭皮を傷つけないように、正しい方法でシャンプーしてください。

 

 

※正しいシャンプーの方法は、

薄毛に良いシャンプー使って女性らしくあろう!」に

詳しく載せているので、こちらも併せてご覧ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。