メリットの口コミによるシャンプー評価は?

この記事は4分で読めます

20140107_001_01

出典:http://www.kao.com/jp/corp_news/2014/20140107_001.html

 

 

メリットは花王のシャンプーです。

ロングセラーで、人気もあります。

(なにしろ、私の娘時代から売られています・・・スマホが使えないオババ)

 

口コミ評価は、どうなっているでしょう?

 

 

 

メリットの口コミは?ビュアンについて

 

 

ピュアンは「ピュア クレンジング ケア」のことです。

 

「洗い上がりの感覚が、次に洗髪するまで続く」そうです。

「頭の地肌(頭皮)に残っている老廃物(酸化した皮脂・汗・古い角質)

しっかり洗い落として、地肌をケアする」

「地肌と同じ弱酸性だから安心」

「すっきり洗えるノンシリコンシャンプー」

 

というのが、宣伝文句です。

 

 

「髪の毛の根元がベタベタする」

「夕方になると、前髪がペタンとなってしまう」

「頭の地肌が臭う」

 

皮脂分泌の盛んな若い女性に、お薦めのシャンプーだそうです。

 

 

「リフレッシュタイプ」

「モイスチャータイプ」

 

の2種類ありますが、

成分は、ほとんど同じです。

 

 

では、実際に使っている女性の感想は、どうでしょうか?

 

 泡立ちがよく、使用感がいい

 仕上がりがサッパリして、気持ちがいい

 香りがいい

 値段が手頃で、買いやすい

 洗っている時は、指通りがいいけれど、すすぐと、キシキシする

 髪を乾かすと、キシキシ感は消えるが、髪が乾燥した感じがする

 

 

夏季、若い女性には、評判がいいようです。

 

 

 

メリットのシャンプーを解析してみた!

 

 

メリットのシャンプー、ピュアンの成分を調べてみると、

確かに、汚れを落とす力が強いことがわかります。

 

ラウレス硫酸アンモニウムとエタノールが多く含まれています。

 

ラウレス硫酸アンモニウムは、ラウレス硫酸Naより低刺激ですが、

脱脂力(皮脂を取り除く力)が、とても強いので、

頭皮に必要な皮脂分まで、洗い落としてしまいます。

 

頭皮の皮脂には保湿作用があるので、

皮脂分が不足すると、頭皮が乾燥して傷つきやすくなります。

 

また、皮脂が不足すると、頭皮は過剰に皮脂を分泌するようになり、

かえって老廃物が増えることになります。

 

 

エタノール(エチルアルコール)は、殺菌力が強く、雑菌の繁殖を防ぎます。

殺菌効果や防腐効果は高いのですが、

頭皮に炎症を起こしやすく、頭皮を傷めることが多くなります。

 

 

安息香酸Naは、静菌効果がありますが、

目・皮膚・粘膜を刺激して炎症を起こし、アレルギーになることもあります。

 

 

「頭の地肌をクレンジングケアする」という通り、洗浄力が強く、

頭皮の老廃物(酸化した皮脂・古い角質・汗)や汚れなどを

しっかり洗い落としますが、決して頭皮を健康にするものではありません。

 

 

乾燥肌、敏感肌、アトピー症の女性には、お薦めできません。

 

 

四十代以降の女性は、加齢により頭皮や毛母細胞が老化し、

ヘアサイクルが乱れています。

頭皮に負担をかけるシャンプーは、避けた方が無難です。

 

 

 

リンスインシャンプーのメリットの口コミ

 

 

ここでいう「メリット」は、

利点があるという意味の「メリット」という意味も含んでる記事もあるので、

お間違えのないように。笑

 

 

リンスインシャンプーとは、シャンプーにリンス剤が含まれているものです。

 

(オババの時代には、「チャン・リン・シャン」と言われました。

「ちゃんとリンスが入っているシャンプー」という意味です)

 

 

シャンプーにリンスが入っているといっても、

ただ混ぜただけではありません。

リンスの分子を大きくして、浸透するまでに時間がかかるようにしてあります。

 

シャンプーが終わる頃に、リンス剤が作用します。

 

 

リンスインシャンプーのメリット(利点)

 

 

 手間がかからず、短時間で済む

「シャンプーの後すすいでから、リンスをつけ、またすすぐ」という

手間が省けるので、忙しい朝などは便利です。

 

 

 お金がかからない

シャンプーとリンス(またはコンディショナー)の両方を買う必要がありません。

 

 

 

リンスインシャンプーのデメリット

 

 

 髪の毛の補修が不十分

シャンプーの後でリンスやコンディショナーをつける方が、

髪の毛のダメージを補修することができます。

シャンプーに入っている分、リンス剤が薄くなり効果が低下します。

 

 頭皮にリンス剤が直接つく

シャンプーと同時にリンス剤が作用するので、

頭皮にリンスがつき、洗い上がりがベタついた感じになります。

 

 

 

本来、リンスやコンディショナーは、頭皮に直接つけてはいけないのです。

髪の毛の先から3分の1程度につけるものです。

 

頭皮にシャンプー剤やリンス・コンディショナーが残っていると、

頭皮に雑菌が繁殖しやすくなり、炎症を起こしたりします。

 

 

メリットのシャンプーは、洗浄力が売りです。

「頭の地肌の老廃物をするっと落とす」シャンプーですから、

必要な皮脂分まで洗い落として、頭皮が乾燥してしまいます

 

そこへ、リンス剤が地肌に残ってしまったら・・・

考えただけで、ぞっとします。

 

 

 

まとめ:メリットのシャンプーは、洗浄力が強い

 

 

メリットのシャンプーには、ピュアンの他にもありますが、

どれも「洗い上がりがサッパリする」を売りにしています。

 

皮脂分泌の盛んな男性や、若い女性には、合うかもしれません。

 

 

しかし、頭皮のケアにはなりません。

 

傷んだ頭皮を健康にしたいのなら、

アミノ酸洗浄剤のシャンプーを使うといいですよ。

 

アミノ酸洗浄剤のシャンプーならば、

CA101薬用ブラックシャンプーをお薦めします。

 

酵素の働きでしっかり頭皮の汚れ・老廃物を洗い落としながら

必要な皮脂を保存して、頭皮を乾燥させません。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Cats_Glance_Animals_cat_kittens_kitten_1920x1200
  2. women_models_redheads_sexy_babes_bath_face_eyes_pov_1920x1200
  3. スクリーンショット 2015-11-21 23.53.56
  4. White_beauty_2560x1600

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。