くせ毛にいいシャンプーのお薦めは?

この記事は4分で読めます

天然パーマと呼ばれる、生まれつきのくせ毛もありますが、

パーマやカラーで、ダメージを受けたり、

加齢によりキューティクルの枚数が減少したりして、

くせ毛になることもあります。

 

くせ毛に合うシャンプーは、あるのでしょうか?

 

 

 

くせ毛のシャンプー、口コミ情報

 

 

生まれつきのくせ毛は、毛髪の生える毛穴が変形しています。

 

毛穴がきれいな円形をしていると、直毛が生えます。

毛穴が細長いと、平べったい捻転毛、

毛穴が星形のように変形していると、縮毛が生えます。

 

 

毛髪のタンパク質のバランスが悪いと、波状のくせ毛になります。

 

若い時は、キューティクルが多いので直毛に見えていても、

加齢によりキューティクルが減ると、波(うねり)が出てきます。

 

 

生まれつきくせ毛でなくても、

カラーやパーマ、ドライヤーの熱などでキューティクルがはがれると、

水分バランスが崩れて、うねりが生じます。

 

毛根の汚れがひどく、毛穴が詰まると、

連球毛というくせ毛になります。

 

直毛に見えるのですが、触ると、ゴワゴワしています。

強く結んだり、ホルモンバランスが乱れたりしても、

連球毛になることがあります。

 

 

生まれつき毛穴が変形している場合のくせ毛は、

シャンプーだけで直毛にすることはできません。

 

 

縮毛矯正パーマをかけたりすることが多いので、

これ以上、髪が傷まないようにしてください。

 

石油系シャンプーは洗浄力や刺激が強いので、

頭皮に負担をかけないアミノ酸系シャンプーをお薦めします。

 

 

毛根の汚れがひどくて、連球毛になっている場合は、

アミノ酸系シャンプーで洗髪するとともに、

美容院でのヘッドスパ(スキャルプケア)をお薦めします。

 

頭皮の毛穴に詰まった古い皮脂や汚れを取り除いてくれます。

石油系シャンプーは洗浄力が強すぎて、頭皮に必要な皮脂まで洗い落とします。

 

 

頭皮の皮脂が不足すると、頭皮が乾燥して傷みやすくなるだけでなく、

かえって皮脂分泌が多くなり、毛穴を詰まらせてしまいます。

 

 

加齢やカラーリングでキューティクルが減少して、うねりが出る場合は、

キューティクルを修復できるアミノ酸系シャンプーをお薦めします。

 

 

 

くせ毛用シャンプーのランキング

 

 

くせ毛専用のシャンプーがあります。

ランキング上位に入るものは、どれもアミノ酸系シャンプーです。

 

頭皮も毛髪も主成分はタンパク質です。

タンパク質はアミノ酸から合成されます。

アミノ酸シャンプーは頭皮にやさしく、髪の毛を保護します。

 

 

ただし、汚れを落とす力が弱いものもあるので、

汚れを分解する酵素入りのシャンプーがお薦めです。

 

 

リマーユ

馬油配合のオイルシャンプーなので、

くせ毛だけでなく、髪の毛がパサパサ乾燥している女性にも効果があります。

 

 

守り髪

ナノリペア成分配合で、傷んだくせ毛を修復します。

 

 

ウルオッテ(Uruotte)

オーガニックシャンプーで、植物エキスが頭皮環境を整えます。

 

 

ミルボン・フィエーリシャンプー

髪の毛の水分をコントロールして、くせ毛をしっとりまとめます。

 

 

ルベラ・イオセラムシャンプー

スキャルプケアと水分コントロールができます。

頭皮をきれいにして環境を整えるので、

頭皮の汚れからくるくせ毛の予防ができます。

 

 

 

 

くせ毛のシャンプー、市販のものは?

 

 

ドラッグストアで売られている「くせ毛用シャンプー」は、

1,000円以下のものから、2,500円くらいまで、いろいろあります。

 

値段が安いパンテーンやダヴはアミノ酸系シャンプーではありません。

 

 

「潤いを保って、くせ毛を直す」といいますが、

それほど効果は期待できません。

 

 

値段が安いアミノ酸系シャンプーでは

クラシエのひまわり(himawari)が、よく売れているようです。

 

1,000円でおつりが来るのも、うれしいですね。

 

 

ただ、低価格のアミノ酸系シャンプーは、

低質なアミノ酸(ラウロイルサルコシンなど)が配合されています

 

アミノ酸によく似ているタウリン系洗浄剤がメインのこともあります。

 

 

 

クイーンズバスルーム・薬用ヘアソープは、

アミノ酸洗浄剤に保湿成分を配合しているので、

500ml2,300円と、少し高価になっています。

 

 

シャンプーで直せるくせ毛は、限られています。

 

 

加齢や手入れの悪さによって、髪の毛や頭皮が傷み、

うねりを生じている場合には、アミノ酸系シャンプーは効果があります。

 

 

「くせ毛をストレートに!」とか「縮毛矯正」とか、

謳っている市販のくせ毛用シャンプーは、要注意です。

 

 

 

 

まとめ:シャンプーだけでは、直せないくせ毛もあります

 

 

生まれつきのくせ毛は、シャンプーだけでは直せません。

 

加齢やカラー・パーマなどでキューティクルがはがれたり

過剰な皮脂が毛穴に詰まるなど、頭皮が汚れていたりして、

髪の毛にくせが出た場合は、アミノ酸系シャンプーで直すことができます。

 

アミノ酸系シャンプーは、CA101薬用ブラックシャンプーをお薦めします。

 

 酵素の働きで頭皮の毛穴に詰まった汚れを除きます。

 植物エキスで髪の毛の水分をコントロールします。

 薬用炭や海泥など天然洗浄剤が、頭皮環境を整えます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 20140107_001_01
  2. White_beauty_2560x1600
  3. Women_fantasy_art_artwork_fan_1920x1200
  4. lion_cub_lions_1920x1440
  5. スクリーンショット 2015-11-21 23.53.56

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。