シャワーの水圧は弱い方がいい?

この記事は4分で読めます

お風呂に入るのが面倒な時、シャワーは手軽で便利ですね。

水圧を強くして、サアーッと浴びると、気分もサッパリします。

 

でも・・・

 

「お肌のためには、シャワーの水圧は弱い方がいい」そうです。

本当かしら?

 

 

 

朝のシャワーは髪に悪い?

 

 

忙しかったり、疲れすぎたりすると、

つい、夜のお風呂をさぼって、朝シャワーを浴びることが多くなります。

 

朝、シャワーを浴びると、

眠気を取り除いて、スッキリ目覚めることができます。

 

夏は、朝のシャワーで、夜中にかいた汗を流し、体臭を消します。

 

 

このように、朝のシャワーは悪くないのですが、

シャワーを浴びるついでに、朝、シャンプーすると、抜け毛が増えます。

 

 

 頭皮の皮脂には保湿作用があり、

また、紫外線などから頭皮を守る働きがあります。

頭皮の皮脂は、夜、就寝中に分泌されます。

その皮脂を朝のシャンプーで洗い落としてしまうと、

頭皮は紫外線を直接受けることになります。

 

 

 朝晩シャンプーすれば、

頭皮に必要な皮脂分まで洗い流し、頭皮が乾燥します。

また、頭皮の皮脂が不足すると、皮脂を過剰に分泌して、

毛穴に酸化した皮脂が詰まるようになります。

 

 

 また、朝は忙しいので、シャンプー剤を十分すすぐことができません。

シャンプーが頭皮に残ると、雑菌が繁殖し、炎症を起こします。

 

朝のシャンプーは頭皮の状態を悪くしがちなので、

抜け毛・細毛が増えて、髪の毛が薄くなります。

ハリ・コシ・ツヤのある美しい髪が育ちません。

 

 

 

 

シャワーは、朝と夜、どちらがいい?

 

 

朝のシャワーは?

 

 

交感神経が反応するようになる

 

 

就寝中は副交感神経がよく働いていますが、

シャワーを浴びることで交換神経が働き始めます。

 

それで、スッキリと目が覚めます。

 

 

 

体臭を消す

 

 

就寝中は、よく汗をかきます。

朝のシャワーで汗を流して、体臭を防ぐことができます。

特に、夏場は清潔感が感じられます。

 

 

 

冬場は湯冷めする

 

 

冬は夜より朝の方が冷えます。

シャワーでは身体を温めることができません。

濡れた身体は気化熱を奪われて、よけい冷えてしまいます。

冷えた身体で外に出ると、風邪をひくこともあります。

 

 

 

夜のシャワーは?

 

身体が清潔になるので、新陳代謝に良い

 

肌や頭皮などの新陳代謝は、夜、就寝中に行われます。

眠る前に肌や頭皮を清潔にすることで、新陳代謝を促します。

 

 

身体の血行をよくして、疲れをとる

 

シャワーを浴びると、血行がよくなり、疲れをほぐします。

 

 

身体が、よく温まらない

 

シャワーでは身体を温めることができません。

血行をよくし、新陳代謝を高め、疲れを取るためには、

ゆっくりと湯船につかることをお勧めします。

 

 

 

気候のいい春と秋、暑い夏は、朝のシャワーをお勧めします。

冬場は、シャワーをやめるか、朝風呂に入るか、どちらかにしてください。

 

朝のシャンプーは、髪の毛を傷めやすいので、やめてください。

夜は、40~41℃のお湯にゆっくりとつかってください。

 

 

疲れている時、湯船に入るのは面倒に感じられますが、

身体のためには、湯船につかる方がシャワーより、いいのです。

 

全身の血行をよくして、ついでにストレスも解消してください。

本当は、朝もシャワーよりお風呂に入る方が快適です。

 

民謡の「小原庄助さん」も、「朝寝・朝酒・朝湯が大好き」でした。

 

 

 

シャワーでシャワー健康法

 

 

シャワーを浴びる時、水圧は低い方がいいようです。

 

 

水圧が強いと、頭皮の皮脂・肌の皮脂を、必要な分まで洗い流し、

皮脂や肌を乾燥させてしまいます。

 

肌も頭皮も、強い刺激を受けると、表面が傷つきます。

 

 

水圧が強いと、肌の老化が進み、吹き出物などができやすくなります。

 

 

 

 

シャワーによる健康法で、最近注目されるのが2つあります。

 

 

冷水シャワー

 

 胃液の分泌がよくなり、胃腸の働きがよくなります。

 

 血管の縮小・拡張が活発になります

 

 興奮状態になるので、元気が出ます。

 

 呼吸数が増え、血圧が上昇し、筋肉や肝臓の代謝がよくなります。

 

 

最初は、体温程度の37℃のぬるま湯のシャワーを浴びます。

それから30℃の水温で浴びます。

 

最後に、18~20℃の水を20~30秒、全身に浴びます。

 

決して、いきなり冷水を浴びないでください。

血圧が急上昇して危険です。

 

皮膚の汚れが毛穴に閉じ込められてしまい、肌トラブルを起こします。

高血圧・心臓に問題のある人は、決して冷水シャワーを浴びてはいけません。

 

 

 

温水シャワーマッサージ(シャワーリング)

 

 

肉体的疲労を回復し、ストレス解消にも効果があります。

 

 41~42℃のお湯に5分ほどつかります。

首・肩・腰などコリを感じている部分に、

 

 40℃くらいのお湯を、5~10分ずつ、ゆっくりとあてます。

 

 40℃のお湯を背中にあびながら、腰を曲げてストレッチします。

 

 40℃のお湯を足にかけ、足首をゆっくり曲げ伸ばしします。

 

 

 

シャワーマッサージの後は、湯船にゆっくりつかってください。

 

シャワーマッサージには「水圧が強い方がいい」と言う人もいますが、

肌への影響を考えると、水圧は低い方がお薦めです。

 

 

 

まとめ:シャワーの水圧は低い方が、肌に優しい

 

 

肌や頭皮への刺激を考えると、シャワーの水圧は低い方がいいようです。

 

朝のシャンプーは、薄毛の原因になりますが、

朝のシャンプーは気分をスッキリさせ、体臭を予防します。

 

夜は、ゆっくり40~41℃程度のお湯につかることをお薦めします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Danbo_amazon_black_white_humor_1920x1200
  2. women_models_faces_1920x1200
  3. white_close_up_macro_nose_mustache_2400x1442
  4. Women_gloves_blue_eyes_liv_tyler_glamour_faces_red_lips_1920x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。