頭皮の保湿はローションでできる?!

この記事は4分で読めます

頭皮は顔から全身の肌とつながっています。

頭皮が乾燥すると、顔の肌にも影響が出ます。

 

若さを保つためには、頭皮の保湿対策が欠かせません。

 

 

 

頭皮を保湿する8つの方法とは?

 

 

[頭皮の乾燥は老け顔になる]

 

頭皮は顔の肌とつながっています。

頭皮が乾燥すると、顔の肌に大きな影響を与えます。

 

 目元のこじわ、豊齢線が目立つようになります。

 目の下や頬がたるみ、フェイスラインがゆるみます。

 顔の肌も乾燥して、くすんで見えます。

 ハリ・コシ・ツヤのある健康な髪の毛が育ちません。

 薄毛・細毛になり、地肌が見えるようになります。

 細かい白いフケが出ます。

 

頭皮の乾燥は、「見た目年齢」が10歳くらい老けてしまいます。

 

 

 

[頭皮を保湿する8つの方法]

 

 

1. アミノ酸系シャンプーを使う

 

石油系シャンプーは安価で洗浄力が強いのですが、

頭皮の保湿に必要な皮脂まで、洗い落としてしまいます。

 

頭皮の主成分であるタンパク質はアミノ酸から合成されるので、

頭皮に負担がかからず、必要な皮脂分を保持します。

 

 

 

2. シャンプーは1日1回を限度にする

 

毎朝毎晩、1日2回シャンプーを続けると、

頭皮の保湿に必要な皮脂分が失われ、乾燥しやすくなります。

 

 

 

3. トリートメント剤はシャンプーと同系列を使う

 

同系列であれば、トリートメント剤の成分やPHを

シャンプーに合わせてあるので、効果が高くなります。

 

トリートメント剤は、頭皮につけず、

毛先3分の1程度につけるようにしてください。

 

 

 

4. 洗髪するお湯は、38℃~40℃

 

32℃くらいのお湯では、頭皮の古い余分な皮脂を洗い落とせません。

あまり熱いお湯では、頭皮を傷めます。

 

38℃~40℃のお湯で、シャンプーをよくすすいでください。

シャンプーが頭皮に残ると、トラブルの原因になります。

 

 

 

5. タオルドライは、やさしく

 

タオルで髪や頭皮を強くこすらないでください。

キューティクルを傷め、頭皮を傷つけます。

 

タオルの上から軽くたたいて、水分を吸い取るようにしてください。

 

 

 

6. ドライヤーで、頭皮を乾かす

 

ドライヤーは、30㎝くらい離して、一ヶ所に熱が集中しないように注意します。

自然乾燥は、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなるので、避けてください。

 

 

 

7. よく乾かした後で、ローションなどで保湿する

 

シャンプー後は、頭皮専用ローションや育毛剤で保湿します。

 

頭皮を清潔にしていないと、育毛剤の効果は半減してしまいます。

血行をよくする成分の入った頭皮用ローションもお薦めです。

 

でも、自分の肌に合う化粧水を使用しても、問題ありません。

保湿効果の高い化粧水や乳液がお薦めです。

 

ビタミンC配合の化粧水は、皮脂分泌を調整してくれます。

頭皮につけて、指の腹でよくマッサージしてください。

 

 

ただし、顔用のクリーム類は頭皮につけないでください。

毛穴に油分が詰まってしまい、頭皮の状態を悪くします。

 

 

 

8. 紫外線対策を忘れない

 

冬は保湿だけに注意すればいいのですが、

夏は紫外線を避けるために、帽子・日傘を使ってください。

 

 

 

頭皮の保湿にオイルは効くのか?

 

 

頭皮の保湿剤は、各化粧品メーカーから専用ローションが出ています。

育毛剤を使えば、頭皮を保湿しながら、毛根に栄養を与えられます。

 

また、保湿効果の高い化粧水や乳液を使うこともお薦めです。

全身用の保湿ローションの中には、頭皮に使用できるものもあります。

 

 

オイルを使用して保湿することもできます。

オリーブオイルや椿油は、人間の皮脂とよく似ていて、混ざりやすいので、

頭皮につけても、ベタついた感じがしません。

 

保湿作用だけでなく、頭皮を保護する働きもあります。

髪の毛が傷んでいる場合にも、オイルパックは効き目があります。

 

 

オリーブオイルや椿油で頭皮ケアをする場合は、

 

1 髪の毛を洗う前にオイルをつけ、汚れを浮かせる

2 アミノ酸系シャンプーで、マッサージするようによく洗う

3 清潔になった頭皮をよく乾かして、オイルをつける

 

と、効果が高くなります。

 

 

 

頭皮の保湿にはホホバオイルが良い?

 

 

頭皮の保湿には、オリーブオイルや椿油の他に、

「ホホバオイル」もお薦めです

ホホバオイルには、保湿作用だけでなく、育毛作用もあります。

ホホバオイルの使用法は2通りあります。

 

 

1. 洗髪前に頭皮につけて、汚れを浮かび上がらせる

 

 まず、シャワーで髪全体を濡らします

 ホホバオイルを頭皮全体に行き渡るように揉みこみます。

 指の腹で押し揉むようにします。

 蒸しタオル、またはお湯で濡らしたタオルで、頭を包みます。

 そのまま数分間おき、毛穴に詰まった汚れを浮かび上がらせます。

 アミノ酸系シャンプーで、丁寧に洗います。

 シャンプー剤が残らないように、よくすすぎます。

 タオルとドライヤーで、よく乾かします。

 

 

 

2. シャンプー後にホホバオイルを頭皮に揉みこむ

 

 アミノ酸系シャンプーで、髪を洗います。

 タオルドライをした後に、ホホバオイルを頭皮につけます。

 100円玉程度の量を、頭皮全体になじませるように揉みこみます。

 10本の指の腹を使い、押し揉むようにしてください。

 頭皮全体にオイルがなじんだら、終わりです。

 ふつうにドライヤーで乾かします。

 

 

 

まとめ:頭皮の保湿はシャンプー剤を変えることから始まります

 

 

頭皮の乾燥を防ぎ、保湿作用を高めるためには、

まず、シャンプーをアミノ酸系シャンプーに変えることです。

 

アミノ酸系シャンプーで洗髪した後で、

ローションやオイルを使うと、保湿効果が高くなります。

 

アミノ酸系なら、CA101薬用ブラックシャンプーをお薦めします。

CA101ヘアトリートメント、CA101薬用スカルプエッセンスもあります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Lindsay_Lohan_actress_women_woman_females_female_girls_girl__a_1920x1200
  2. Massage_zen_relax_oil_hands_mood_happy_fitness_women_females_girls_blondes_sexy_babes_1920x1080
  3. Ted_Bath_Bathtub_Soap_Teddy_Bear_humor_1920x1080
  4. panda_animals_bears_mood_emotion_happy_fur_contrast_face_eyes_winter_snow_seasons_nature_wildlife_1920x1200

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。