頭頂部の薄毛で悩む女性が増えている?!

この記事は4分で読めます

頭頂部の髪の毛が薄くなって、地肌が透けて見えると、

女性は外出するのも嫌になりますよね。

 

でも、大丈夫!

 

女性は男性とは違って、薄毛対策の効果がありますよ!

 

 

 

頭頂部の薄毛の対策3つ!

 

 

女性が薄毛になる原因は、

加齢ホルモンバランスの乱れです。

 

加齢とともに、毛母細胞が衰え、

ハリ・コシ・ツヤのある髪が育ちにくくなります。

 

 

40歳を越えると、女性ホルモンの分泌が減少して、

ヘアサイクルが乱れ、髪が育ちきらずに抜けてしまうことが多くなります。

 

 

でも、男性の薄毛や禿げと違うのは、

 

毛根が死ぬことはありません

 

毛根が生きているので、地肌が見えている頭頂部にも、

産毛のような細い髪の毛が生えているのです。

 

髪の毛が細く、ハリやコシがないために、地肌が透けて見えるのです。

 

 

ですから、この細い頼りない髪の毛を強く育ててやれば、

頭頂部の薄毛の悩みは解消されます。

 

 

 

対策1 :育毛剤を使う

 

 

女性は、比較的育毛剤が効きます

 

毛根が生きているので、育毛剤で栄養を与えれば、

ハリとコシのある髪を育てることができます。

 

高齢になってから薄毛に気づいても、手遅れではありません。

 

 

もちろん、できるだけ早くから育毛剤を使う方が効果的です。

育毛剤は女性用を使ってください

 

男性の薄毛・抜け毛は男性ホルモンや遺伝子が関係していますが、

女性の場合は、そうではありません。

 

男性用の育毛剤では、薄毛は改善しません。

 

 

 

対策2:頭皮の環境を整える

 

 

ハリ・コシ・ツヤのある髪の毛は、

健康な頭皮から生え育ちます。

 

頭皮が乾燥していたり、炎症を起こしていたりすれば、

ハリやコシのある髪の毛は生え育ちません。

 

 

頭皮の環境を健康に保つためには、

アミノ酸系シャンプーを使い、正しい方法でシャンプーしてください。

 

頭皮と毛髪の主成分はタンパク質です。

タンパク質はアミノ酸から合成されるので、

アミノ酸系シャンプーは頭皮に負担がかかりません。

 

頭皮の汚れを落としながら、必要な皮脂分を残しますから、

頭皮が乾燥するのを防ぎます。

 

シャンプー方法については、

薄毛の女性のシャンプー方法」にくわしく書いてあります。

見てくださいね。

 

 

 

対策3:ホルモンバランスを整える

 

 

加齢による女性ホルモンの減少はどうすることもできませんが、

自律神経系の働きを良くしたり、

成長ホルモンの分泌を促したりすることはできます。

 

 

 

 ストレスを溜めないようにしてください。

 

ストレスが溜まると、自律神経系の働きが悪くなり、

頭皮の皮脂分泌が過剰になります。

 

 

 質の良い睡眠を十分にとってください。

 

成長ホルモンは眠っている間に分泌されます。

成長ホルモンはヘアサイクルを整え、傷んだ髪の毛を修復します。

午後10時から午前2時までが、睡眠のゴールデンタイムです。

 

 

 

 

頭頂部の薄毛を隠す髪型

 

 

頭頂部の薄毛を隠すには、

髪の毛の流れを考えて、薄い部分を髪でおおうようにします。

 

 

 頭頂部のツムジの辺りの地肌が目立つ場合は

前髪を後ろへ流すようにして、おおい隠します。

 

 頭頂部の分け目の地肌が透けて見える場合は、

分け目を左右どちらかにずらして、髪の毛でおおいます。

 

 

 

でも、髪が短かったり、全体に髪が細く少なくなっていたりすると、

透けて見える地肌をおおい隠すことができませんよね。

 

 

そのような時は、2つの方法があります。

 

1 カチューシャで頭頂部をおおう髪型にする

2 部分ウィッグを使ってカバーする

 

 

 

メッシュで風通しのいいカチューシャもありますから、

夏でも安心して使えます。

 

部分ウィッグは、

手のひらサイズからハーフウィッグまで、いろいろあります。

 

人毛だけのウィッグはかなり高価ですが、

人工毛や、人毛と人工毛が混じった物は、手頃な価格です。

 

 

デパートのウィッグコーナーで試着できますから、

自分に合うタイプの物を慎重に選んでくださいね。

 

 

育毛剤やシャンプーなどの効果は、現れるまでに時間がかかります。

薄毛が改善されるまでの間、カチューシャや部分ウィッグを使うと、

悩まずにすみますよ。

 

 

 

頭頂部の薄毛の原因

 

 

頭頂部の毛髪が薄くなる原因は、頭皮のダメージの蓄積です。

 

シャンプーのしすぎや、

洗浄力の強すぎるシャンプー剤によって、

頭皮の皮脂分が洗い落とされすぎて、不足してしまいます。

 

 

頭皮の皮脂には保水作用があるので、

皮脂が不足すると、頭皮が乾燥してしまいます。

 

頭皮のターンオーバーがうまくいかず、

かさぶたのようなフケが出て、毛穴をふさいでしまいます。

 

老廃物の排出が妨げられ、雑菌が繁殖して、

頭皮が炎症を起こすことがあります。

 

 

また、

加齢による女性ホルモンの減少や、

強いストレスによる自律神経系の働きの低下で、

頭皮の皮脂分泌が過剰になることがあります。

 

 

シャンプーのしすぎなどで、頭皮の皮脂が不足した時も、

皮脂分を補おうとして、過剰に分泌するようになります。

 

過剰な皮脂が毛穴をふさいで、髪の毛が生えにくくなります。

 

 

 

このように、

頭皮の状態が悪くなると、

健康な太い髪の毛が育ちにくくなり、髪の毛が細くなります。

 

髪の毛が細く、ハリやコシが失われるので、

頭頂部の地肌が透けて見えるようになります。

 

 

頭皮の状態が悪いと、ヘアサイクルが乱れ、

髪の毛が成長しきらず抜けてしまうので、抜け毛も増えます。

 

パーマやカラーリングを頻繁に行うと、

頭皮のダメージはさらに大きくなります。

 

髪の毛をきつく結ぶスタイルを続けると、

細くなった髪の毛が抜けやすくなります。

 

 

頭頂部の薄毛が気になりだしたら、

パーマやヘアスタイルなどに、注意してくださいね。

 

 

 

まとめ:女性の頭頂部の薄毛は改善できます

 

 

女性の場合、頭頂部の毛根が生きているので、

育毛剤を使ったり、正しくシャンプーしたりして、

頭皮の状態を良くすれば、改善できます。

 

ハリ・コシ・ツヤのある髪の毛は健康な頭皮から生え育ちます。

 

頭皮の健康を保つために、アミノ酸系シャンプーを使ってください。

 

CA101薬用ブラックシャンプーをお薦めします。

頭皮の汚れをしっかり落としながら、

頭皮に必要な皮脂分を確保できます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。